臨床開発モニターとは

世の中にはいろいろな職種がありますが、その職種は広く知られた職種から、あまり知られていないけど重要な職種というのもあります。

その職種の中でも重要だけれども、意外と知られていない職種として臨床開発モニターという職種があります。

この臨床開発モニターというのは、わかりやすく説明すると薬というのは日々新薬というのが研究、開発されています。

この新薬を開発している際に新薬が本当に正しく開発が行われているかというのを見張り、監視する人たちの職業を指しているのです。

新薬を開発する現場で活躍する職業ということは、ある程度薬についての知識というのも必要、要求されるのです。

では薬について知識が必要という事は、薬剤師や医師の資格が必要であったりとか、そういった資格を取らなければいけないとか、そういった資格を有する人たちしかなれないのではないでしょうか?
実は臨床開発モニターというのは、新薬が正しく開発されているかを監視する人たちの事を指しているので、特に医師の資格が必要とか、薬剤師の資格が必要、要求されるといった事はないのです。

では臨床開発モニターというのは、どういった知識が具体的に求められるのかというと、それは薬学であるとか自然科学といったものの知識を持つことが要求されるのです。

具体的に採用時に優先される方というのが
薬剤師の資格や看護師の資格、
MRという資格を持つ方、
臨床検査技師などの資格を持っている方
が積極的に採用されています。

Comments are closed.